看護師の資格の取り方

看護師の資格の取り方

看護師の資格の取り方

看護師になるには、国家資格である看護師免許が必要です。

この免許を取得するにはまず看護師国家試験の受験資格を取得しなければなりませんが、それにはいくつか方法があります。

高等学校卒業者であれば、看護大学に4年間もしくは看護学校か短期大学に3年間通うことです。

看護大学では、さらに選択制で保健師と助産師の受験資格も取得できます。

中学卒業者であれば、高等学校五年一貫教育コースに通うことで受験資格を得ることができます。

また、准看護師の免許を取得したのち、看護学校に進学して看護師免許を取得するという方法もあります。

この准看護師とは、医師や看護師の指示を受け補助や援助を行う仕事です。

自らの判断で看護業務をすることはできません。

看護師が国家資格であるのに対し、都道府県知事が発行する免許であり、准看護師は中学校の卒業資格があれば准看護師養成所に2年以上通うことで資格を取得できます。

准看護師が看護師になるには、そこからまた全日制に二年か定時制に三年、もしくは実務経験七年を積んでから通信制で二年学ぶことになります。

この場合、最短で看護師免許を取得できるのは四年ということになります。

看護師免許の受験資格を得るための年数で比べれば、看護学校か短期大学に通う三年が最短の年数です。

いずれの場合も、看護師になるためには97単位以上、3000時間以上の履修時間と23単位以上、1035時間以上の実習時間が必要です。

最短コースである看護学校で勉強する内容は、大きく座学と実習に分けられます。

座学では看護に必要な知識を教科書で学びます。その内容は大きく基礎分野、基礎専門分野、専門分野に分かれます。

基礎専門分野が看護の基礎となり、人体の構造と働き、病気について学びます。

専門分野では幅広い年齢層に対応した知識・ケアを学びます。実習では生徒同士での介助や採血のテストなど座学で学んだ内容を実践します。

これらの学習を経て、3年次には卒業試験を受験し、すべての教科で必要点数以上をとらなくてはいけません。

これらを達成することで、卒業資格が与えられ、はじめて「看護師国家試験受験資格」を得ることができます。

この受験資格を得たといって看護師になれるわけではなく、最終的には国家試験に合格することで、「看護師」になることができます。

このような看護師を目指せる学校は公立私立含め全国に200校以上あります。

看護師の国家試験の試験地は北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県です。

転妻最強資格の看護師

転勤族と結婚した妻を最近では転妻と呼ぶそうです。

自分のタイミングに関係なく引越しすることになってしまう転妻にとって、仕事は悩みの種になります。

長く勤められる約束が出来ないのでなかなか決まらなかったり、働いてもたくさんの収入はもらえないので子供の保育料が多くかかるから働かない方がいいかもなど働きたい気持ちがあっても、それぞれ抱える事情があり難しいのが転妻仕事問題です。

そんな悩みの種を持たずにすむのが転妻最強資格の看護師です。

看護師はどこにいっても人材不足のため求人が出ています。大きい都市への転勤であれば、働き方は正社員・パート勤務はもちろん派遣でたまに働くという自分に合った働き方を選ぶことができます。

病院にもたくさんの科があるので、自分の性格や経験を生かした仕事を見つけられるでしょう。

田舎に転勤になった場合でも実力を発揮します。田舎の看護師不足は更に深刻なので、求人が見つからないという心配はありません。

田舎の看護師は人がなかなか集まらない分、待遇の良いところも多いのです。

人材不足の状況であれば、多少事情に合わせて融通もきく場合があったりします。

仕事が無いという悩みを抱える必要がないこと。そしてお金の面でも何の資格もない状態よりも安定して稼ぐことができること。

託児所があったり、産休育休などの制度が整っており女性が働きやすい環境が多いこと。

社会的に認められている資格であること。医療の知識を持てること。挙げるときりがありません。

転妻の皆さま、これからを考えるなら今からでも遅くないかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です