看護師転職サイトの複数登録のメリット・デメリット

看護師求人サイト複数登録

看護師転職サイトの複数登録のメリット・デメリット

看護師という職業は全国的に人材不足が叫ばれていて、看護を必要とする場所では大概求人を出しているというのが現状です。

ですから他の業種よりも比較的に就職や転職が有利だと言えるでしょう。

しかも、過去に看護師の仕事に携わったというしっかりとした経験があれば、たとえブランクがあったとしても、未経験の診療科目であったとしても採用される確率は断然に高いです。

これはやはり過去に看護師として患者の看護業務にあたってきたときのさまざまな知識や経験(キャリア)があるからなのです。

看護師の求人には、ブランク有、未経験者歓迎、と表記しているところは多くあります。

しかし、実際に採用する病院や医療機関、介護施設としては、そうした未経験者よりも少しでも実務経験者を採りたいというのが本音でしょう。

こうした看護師が転職活動をする際に多く利用されているのが看護師転職サイトです。

看護師転職サイトを利用する大きなメリットは、専門の担当者がついて転職に関するあらゆる相談にのってもらえるということではないでしょうか。

担当者に今の病院、施設内での労働環境や人間関係の悩みを聞いてもらったうえで、的確なアドバイスをもらえます。

また病院、施設を辞めるとなると相当なストレスもかかるでしょう。

転職には大きな精神的プレッシャーがかかるもので、これを転職サイトの担当者に軽減させてもらえるという事はありがたいことです。

数多くの求人情報や非公開の求人情報まで紹介してもらえますし、たとえ毎日の業務が忙しくとも効率的に転職活動を行えるという点は大きなメリットではないでしょうか。

また、求人先の病院、医療機関、介護施設などの労働環境や人間関係などの内部情報まで教えてもらえ、面接のアドバイスを受けることも可能です。

看護新転職サイトへの登録、利用は無料ですから、活用しない手はありません。

また本当に自分の理想的な転職をするためには、看護師転職サイトは複数登録が有利だといえます。

たとえば、2社の看護師転職サイトに登録すれば、同じ条件・待遇の病院、施設を希望していても、担当者が紹介してくれる求人募集案件は異なってくるでしょう。

同じ病院・施設であったとしても給与・ボーナスに違いが出てくる可能性は高いです。

看護師求人サイトへの複数登録は、求人案件を比較検証できるという大きなメリットがあります。

またたとえば、A社とB社の求人サイトの担当者との相性を考えた時、「どうもA社の担当者はフィーリングが合わない」と感じた時に、B社を活用するという選択も可能です。

複数登録にはイザという時には、より良い方を選択できるというメリットもあります。

このように求人案件の比較検証、担当者やサービスの選択権があるというメリットはあるのですが、実はデメリットもあります。

たとえば、看護師求人サイトへの登録が無料だからといって、3社、4社、5社と登録すればするほど、希望する求人案件をお知らせする担当者による電話・メールが多くなります。

登録すればするほど、それらの対応に追われ忙しくなり「しつこい」と感じるようになるかもしれません。

したがって、複数登録するにしても「最大で3社」までと決めておくとよいでしょう。

看護師求人サイトに複数登録するメリット・デメリット

看護師求人サイトの複数登録のメリット・デメリット

看護師求人サイトで異なるサービスの差

(30代後半・女性)

☆登録した看護師求人サイト☆

・看護のお仕事
・ナースではたらこ
・看護roo!(カンゴルー)
・ナース人材バンク

看護師歴14年、年収400万、総合病院の外科病棟で二交代。

子供3人居ながらの両立で頑張っていましたが、忙しくなかなか家族の時間が作れないので、転職しようと思いました。

今まで転職したのは3回です。

2回目までは自分でインターネットやチラシなどを見て、気になる病院があれば、自分で問い合わせをして面接をして転職…でした。

しかし、なかなか自分で探すのも限界があり、同じ職場の方に相談したところ、看護師転職サイトがあるよ!面接のセッティングも全部してくれるから楽だよ。と教えて下さり、早速登録してみました。

何件か登録し、色々な情報をいただき、実際2件のサイト会社の方と面接に行きました。

1件は女性の方で、待ち合わせ場所に遅れてきました。

しかも私が提示した給料とは全然違う、託児所付きの病院とお伝えしていて、託児所あるんで大丈夫ですよ!との事で面接に行きました。

ところが保育士が居ないので半年以上前から託児所が利用できない。との事で全然条件に合っていないところを紹介され、面接させられた。

まず、待ち合わせの時間に遅れてくるなんてありえない。

結局託児所が使えないので、こちらからお断りする形になって終わったんですが、その後も電話がしつこかった。

2件目の方は男性で面接30分前に待ち合わせして、最終の打ち合わせをしましょう!と言ってくださり、給料・休み・労働希望時間など、最終的な確認をしっかりしてくださり、とても安心して面接できました。

看護師転職サイトでもこんなにも違うものなのか、、、と思いました。

転職サイトを利用するなら、数件登録し電話対応の感じなどチェックしてから面接に行く方がいいと思います。

満足度の高い看護師求人サイトを利用して転職

(23歳・女性・大阪府)

☆登録した看護師求人サイト☆

・看護roo!
・マイナビ看護師

看護学校を卒業し、急性期病院の病棟看護師として1年間働きました。配属先は、脳神経外科と循環器内科の混合病棟でした。

勤務体制は日勤、準夜勤、夜勤の3交代でした。

準夜勤は6時間と短い勤務時間でした。月に準夜勤と夜勤合わせて8~9回夜勤がありました。夏休みやお正月など、長期休暇がとりやすいところでした。

転職回数は2回です。

1回目は、転職サイトを通して、病院や施設の見学をしましたが、当時は、精神的にも疲れており、どうしても看護師をすることが嫌になってしまっており、一度、看護職から離れようと、介護職へ転職しました。

その後、一度看護師としてがんばろうと思い、2回目の転職で療養型の病院へ転職しました。

1回目の転職理由は、職場の忙しさについていけず、また、夜勤も救急がきたりしたときは休憩がないときも多々あり、心身の疲労が大きかったことです。

患者様の入れ替わりも激しく、自分の要領をはるかにオーバーした業務量で、残業も2~3時間は当たり前でした。

そうしているうちに、精神的にも負担が大きくなり、看護師を続ける自信がなくなりました。

2回目の転職は、訪問介護をしているときに、訪問看護師さんやクリニックの看護師さんと関わることがあり、ヘルパーよりも看護師のほうが的確な指示や判断ができ、より対象者様のことを理解したケアができると実感し、私もそのようになりたいと思ったことが大きな理由です。

専門的な知識を持っている分、対象者様への理解も細かく、また、多方面からアプローチができている看護師さんを見て、もう一度、そんな看護師を目指して頑張ってみようと強く思いました。

看護roo!は、利用者数も満足度も高く、取り扱っている求人の数も多いと口コミでも書いてあったので、利用してみました。

担当の方は、親身に相談に乗ってくださいましたが、少し無理やりな感じもあり、途中から誘導されているような感じがありました。

対応は丁寧でしたが、この病院がいいですよという押しが強いイメージでした。

マイナビ看護師は、これも利用者数や人気度が高いことが理由で利用しました。

また、それぞれのサイトで取り扱っている求人の質や量、また、同じ病院でも持っている情報が異なるため、より詳しく情報を得たいと思い、それぞれのサイトを比較しながら、よりいい求人を見つけたいと思い、登録したことも理由としてあげられます。

マイナビ看護師は、転職してからも数ヶ月の間はアフターフォローのような感じで担当の方が電話で相談にのってくださったり、アドバイスをしてくださいます。

一番印象に残っていることは、面接をしてくださった看護部長さんが、私の今までの不安や心配事などを全部聞いてくださったことです。

普通、面接ではあまり込み入った話はしませんが、そのときは私と看護部長さんと2人での面接でした。

そこで、何か気になることなどはないかという話をしているときに、今までのことについての話になり、私はいろいろな思いが溢れてしまい、その場で涙してしまったのですが、看護部長さんも一緒になって泣いてくださったことが印象的でした。

初対面であるのにも関わらず、私が感じていたことを同じように共感していただけたことでとても心が軽くなりました。

その面接の帰りには、駅のホームで病棟にいた看護師さんが私のことを覚えていたようで、「さっきの面接に来てた子やんね。ここ働きやすいよ」と笑顔で声をかけてくださったことも印象に残っています。

自分がどのような環境で働きたいのが、どのようなことを学びたいのかということを明確にしておくことが重要です。

そこがあやふやだと、いろいろな求人を見たときに、自分が行きたいところはどこなのかがわからなくなってしまいます。

担当の方はいろいろな求人を出してこられます。

その中で、自分が目指している看護師像に近づける場所を見極めることが必要になってくるので、自分の軸はきちんと持っておくことが転職を成功させるポイントでもあると思います。

また、自分自身の性質、たとえば、てきぱきと仕事をするタイプなのか、慎重に仕事を進めるタイプなのか、マイペースなのかなど、自分の特徴を知っておくことも必要だと思います。

看護師はいろいろな働き方があるので、人それぞれにあった職場があると思うので、まずは自分を知ることから始めるといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です